2018年3月9日にOPENした1日1組様限定の宿泊施設

淡路島貸別荘「PonteCasa」

 

 

いずれは淡路島に住んでみたい。

それほど好きだったこの島。

ある年の淡路島旅行で「貸別荘」というスタイルを知りました。

完全なプライベート空間、愛犬とも過ごせて、キッチンやお風呂もとても綺麗。

ホテルでもコテージでもない貸別荘という宿。

 

それまでどのような職業で移り住むのか漠然としていましたが衝撃が走りました。

 

やりたいことはこれだ。

淡路島で貸別荘をしたい。

 

そこからすぐに土地を探しました。

しかしながらなかなか納得のいくものがなく幾度も通い詰め、

半ば諦めかけていた頃、この場所に出逢いました。

 

初めて訪れた時、言葉を失いました。

 

目の前にそびえ立つ明石海峡大橋の迫力、心地よい波の音、本島と橋の夜景、地平線から昇る朝日。

あまりの感動の景色に、ここ以外に考えられない。

「運命」だと思いました。

 

 

駆け足で土地まで決まったものの、

建てるにあたりどのようにしたら心地良い空間をご提供できるのか。

どのようなデザインにしたらこの最高の景色を存分に味わっていただけるのか。

建築も旅行業界にも職業として今まで縁がなく、毎日壁にぶち当たっては勉強する日々。

 

一番の悩みは家族はまだ大阪で仕事がありすぐには移り住めないこと。

移住できる状態になるまで他の方に管理を任せる話で進んでいました。

もちろん今の時代、オーナーが現地にいなくても運営することはできるかもしれません。

 

ただ私は一組一組のお客様と向き合って、最高の貸別荘を作り上げたい。

だからこそ淡路島に来てご挨拶もお掃除も全て携わりたい。

 

何度も何度も説得をして家族にも納得してもらえ、単身赴任という形で私と愛犬と移り住んできました。

 

初めての島の生活は不安で仕方がなかったのですが

でもこの不安は、Ponte Casaからの景色ですっと消えます。

そしてお客様が笑顔で帰っていただける度に、

こんなに幸せなことはないと

移住を決断して良かったと心から思います。

 

 

 

ここまで来れたのはこの素晴らしい島で最高の土地に出逢えたから。

人生で初めて心の底からやってみたいと思えたコトを家族が理解してれたから。

多方面の方々からたくさんの力をいただいたから。

常に感謝を胸に、ひとりでも多くの方に幸せな気持ちになっていただけるようお迎えしたいです。

 

 

この絶景をめいいっぱいご堪能いただけるよう最高のカタチでご準備してお待ちしています。

忙しい日々を忘れ、非日常の空間で心身ともに癒されますことを心より願っています。

 

 

Ponte Casa   owner